畠山環境技術士事務所のホームページへようこそ!

What's New!

2019年7月10日 導入個所一覧をメンテしました。

2019年4月5日 庭の巣箱のシジュウカラの営巣の様子をライブカメラ3で配信開始。

2018年3月18日 庭の巣箱のヤマガラの営巣の様子をライブカメラ3で配信開始。

2018年2月14日 小学校の放課後子ども教室で環境マジックショーを実施しました。

2018年1月11日 小学校の放課後子ども教室で環境授業を実施しました。

2017年11月11日 論文「ヤマガラの営巣時の行動について」を掲載しました。

2017年10月16日 親子で学ぶプログラミング教室を開催します。

2017年8月16日 ショップ販売のバードバス(組立キット)を本格陶器皿を利用した商品にリニューアルしました。

2017年7月30日 ブログにヒヨドリのヒナが餌をねだる動画を掲載しました。

2017年7月26日 我が家の庭のヤマモモの木に営巣中のヒヨドリ、巣の様子のライブ配信を開始しました。

バードセラピーとは


  アニマルセラピーという言葉があります。馬やイルカなど動物とふれあうことで精神の安定を目指す療法です。動物の一種である鳥にも同様な効果があると考えられます。鳥とふれあうことで心が豊かになり健康の回復・増進を図ることができます。鳥とふれあうケースとして次の3つが考えられます。

 

①野鳥のいる場所に行って野鳥を観察する

 バードウォッチング

②屋内などで鳥を飼育するケース

③庭やベランダなどに野鳥を呼び寄せる

 ケース

 

ここでは3つめの庭やベランダなどに野鳥を呼び寄せるケースをバードセラピーと呼びたいと思います。 

庭に木・草花を植えよう


 庭に木を植えれば、やがて成長し早春の芽吹きは私たちに生きる力を与えてくれ、夏の木陰は涼しさ与え、秋の紅葉は目を楽しませてくれます。樹木は野鳥にとっては雨風や日差しを防ぐ休息・就寝場所として、また天敵から身を隠す避難場所となります。葉や幹についた虫や樹木の実は野鳥の食べ物となり、樹木は野鳥のレストランでもあります。樹木は子育てをする営巣場所ともなります。

 庭やベランダのプランターに植えた草花は私たちの目を楽しませてくれます。花の蜜を求めてチョウもやってきます。チョウが産み付けた卵から孵った幼虫を求めて野鳥もやってきます。

 庭に木や草花を植えることは、野鳥にとっての生息空間を広げることにもつながります。

 

庭に野鳥を呼ぼう


 庭に野鳥を呼び寄せるには、営巣場所、水飲み・水浴び場、採食・休息場所、給餌場所など野鳥が暮らすのに必要な場所を庭に創ることから始まります。

 春、庭に巣箱をかければシジュウカラがやってきて営巣を始めます。夏、庭にバードバスを設置すればメジロが気持ちよさそうに水浴びをします。秋、庭に植えたエゴノキの実を食べにヤマガラがやってきます。冬、軒先にバードフィーダーを吊るすとスズメも餌を求めてやってきます。

 庭に集う野鳥を眺めることは楽しいものです。巣箱をかけたり、毎日のバードバスの水の交換、樹木や草花の植栽、バードフィーダーへの餌の供給などで身体を動かすことは健康にもいいものです。そしてこのことは人間にとってのためだけでなく、野鳥が暮らせる環境が広がることになり、野鳥にとってもありがたいことです。

 自然が失われつつある今日、みなさんがお住まいの家の庭やベランダなどを野鳥が自由に移動できるようにすることで、その地域の自然(生態系ネットワーク)が広がっていきます。



 

 

 

 

動植物のモニタリング


 庭にきた野鳥の様子を出先からスマートフォンで確認したい、山野の動植物を事務所のパソコンで観察したい。校庭の樹木に設置した巣箱にシジュウカラが営巣したので、子育ての様子を環境教育の一環として教室で児童に見せたい。

 太陽光パネルから給電するコンピュータ制御の赤外線モニタリングカメラで撮影し、動画をリアルタイムで無線で飛ばすシステムを提供します。

 動植物のモニタリングには空撮も有効です。ドローン(無人飛行機)による空からの写真・動画撮影、植生図の作成など可能です。

 詳細はお問い合わせください。

庭の野鳥を見てみよう


我が家の庭の野鳥をご覧下さい。

・バードバス

 人間が毎日お風呂に入るように野鳥も水浴びが大好きです。水も飲んでいきます。

シジュウカラなどがときどきやってきます。

 ライブカメラ1(メンテナンス中)

    

・バードフィーダー
 冬は野鳥の食べ物が不足する時期。穀物や柑橘類の餌を求めて野鳥がやってきます。
 ライブカメラ2(12月~2月)

   

   

 

・巣箱
  春は野鳥の子育ての時期です。親鳥は巣材を運びやがて抱卵、ヒナがかえるとせっせと食べ物を運び込みます。そして巣立ちの時期がやってきます。現在シジュウカラが卵を11個産み、抱卵中です。以下のライブカメラで庭に設置した巣箱の中の様子がご覧いただけます。

 

 ライブカメラ3

 


  2017年はヤマガラが6羽巣立っていきました。また2018年はヤマガラが営巣しましたが、残念ながらシマヘビにヒナが食べられてしまいました。それぞれの様子の詳細は以下でご覧いただけます。

 

 

ダウンロード
ヤマガラの営巣時の行動について.pdf
PDFファイル 3.8 MB
ダウンロード
シマヘビによるヤマガラのヒナの捕食行動.pdf
PDFファイル 530.9 KB

環境教育


 「木は切りすぎなければ繰り返し使うことができます。ここに木を原料とした紙からつくられた新聞紙があります。この新聞紙をビリビリと破きます。でもおまじないの言葉をかけると・・・。はい、この通り元の1枚の新聞紙に戻りました。」こんな楽しいマジックを交えながら「バードおじさん」が子どもたちに対して環境教育を行います。

 屋内での講演や環境マジックショー、野外でのゲームやマジックを交えながらの自然観察会も実施いたします。詳細はお問い合わせください。

 地球温暖化や資源の枯渇、種の絶滅が進む今、未来を担う子どもたちに地球を大切にする心を育てる環境教育が必要と考えます。

 

ダウンロード
環境教育パンフレット
自然ガイド、環境マジックショー、環境に関する講演のご案内です。
環境教育パンフレットVer.1.0.pdf
PDFファイル 852.4 KB

 

ダウンロード
2018年2月14日放課後子ども教室.pdf
PDFファイル 260.7 KB
ダウンロード
2018年1月11日放課後子ども教室.pdf
PDFファイル 1.0 MB

プログラミング教育


 

プログラムとはどういったものかを学ぶことは、子供の論理的思考能力や創造力を高め、私たちの将来の環境を豊かにすることにつながっていきます。

ダウンロード
プログラミング体験教室紹介パンフレット.pdf
PDFファイル 457.6 KB

畠山環境技術士事務所について

 バードセラピーは健康増進と自然環境保全に役立ち一石二鳥です。鳥好きの私としてはこの言葉はあまり使いたくありませんが・・・。実はバードセラピーを思い立ったのは家内の発言がきっかけです。仕事で悩んでいた妻が庭の巣箱に営巣したシジュウカラをみて「野鳥をみていると仕事の悩みも忘れて心が癒されるわ」と何気なく言いました。野鳥が好きで、野鳥にどっぷりつかっている私にとっては、野鳥で心が癒されるのは当たり前のことでした。また生物多様性の損失を危惧する私としては、どうしたらより多くの方々に野鳥に関心を持っていただき自然環境保全に繋げていけるか悩んでいた矢先のことでもありました。この一言で、これまでのバードウォッチングや庭に巣箱を設置する行為も、視点を変えれば自然環境保全の普及の糸口になると気づきました。
みなさんが野鳥を見て心が豊かになり、またみなさんの家の庭やベランダが、野鳥にとって棲みよい環境となるお手伝いができればと考えています。

 またモニタリングシステムや環境教育を通して社会に貢献できればと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

        所長 畠山義彦 技術士(環境部門:自然環境保全)

※技術士とは技術士法(文部科学省所管)に基づく国家資格であり、登録した技術部門の技術業務を行う  ことができます。
技術士法第2条(抄本)
「技術士」とは、技術士の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価またはこれらに関する指導の業務を行う者をいう。